カンパネッラは活動しています!

7月のコンサート中止から、まったく更新がなく、カンパネッラはいったいどうしているのだろうと思っている方がいらっしゃるのかどうか・・・わかりませんが、カンパネッラはちゃんと活動を継続しております。更新の無いホームページはまずいなぁとは思いながら、日々の雑事に追われ、更新まで手が回らない日々が過ぎていきました。気が付けば秋分の日も過ぎ、秋の空です。ご心配してくださった皆様、お許しくださいませ。

さて、7月のコンサートの中止の後、8月に入りミーティングを行いました。今後どうするかと。このままで終わらせるわけにはいかないという思いは全員一致で、代替えのコンサートをすることになりました。但し、タイトルは第12回コンサートではなく、スプリングコンサートとして、2023年3月に行うことに決定しました。第12回コンサートは、コロナ禍が過ぎ、今休んでいるメンバーが全員戻ってきてから、来年の夏以降に行うことにしよう、ということになりました。

今はそのスプリングコンサートに向け、気持ちを切りえ、練習を続けています。曲目はまったく同じではなく、少し入れ替えることにしました。その新しい曲を中心に練習しています。それは、私たちにとっては馴染み深い本間雅夫先生の曲です。「遊び唱六景」から花いちもんめ、手まり唄、夕やけこやけの3曲と、本間先生が最晩年に編曲した宮城県の民謡、お立ち酒、塩釜甚句、夏の山唄の3曲です。この民謡の楽譜は「宮城の旋律から」というタイトルで、病床の本間先生から当団の指揮者の舟生先生に手渡された大事な作品です。今日も練習日でしたが、リフレッシュし、新たな気持ちで練習に臨んでいます。

7月のコンサートの中止はほんとに悔しく、無念でした。でも、それでもメンバー全員が下を向かず。前を向いて堂々としていることに救われています。優しいということは、強いことなのだと改めて実感したこの夏でした。

 

 

 

第12回コンサート中止の件

残念なお知らせがあります。

今週23日に予定しておりました、La Campanella の第12回コンサートを中止します。コンサートを楽しみにしていただいていた方には、急なことで本当に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

理由は、メンバーの一人がコロナの濃厚接触者になったためです。この日のために、皆でしっかりと感染防止対策をとってきたのですが、残念でなりません。実は、このメンバーのご家族にご不幸があり、首都圏から来仙された方が熱を出し、検査の結果、昨日19日にコロナの陽性が判明しました。高齢者の集団の私たちは、不安や危険の中でのコンサートはできません。まさに苦渋の結論でした。

5人で積み上げてきた音楽は、かなり満足の行くところまで行っていました。必ず、再挑戦します。皆様、どうか見守っていてください。

私たちメンバーにとっても大きな痛みになりました。でも、ここから立ち上がる力はまだ残っています。次回のコンサートをどうぞご期待ください。

7月21日  La Campanella 一同

梅雨明け

15日に梅雨に入った仙台ですが、今日梅雨明けが宣言されました。なんと14日間だけの梅雨です。その間もほとんど梅雨らしくなかったし、年々異常気象が激しくなっているのは疑いの余地がありません。

さて、昨日28日と26日の両日、カンパネッラは練習をしました。26日も布田先生のヴォイトレから始まり、前半は発声をみて頂きながら「ヘンルーダの花が咲いたら」を集中して練習しました。後半は残りの曲を全曲通して歌いました。28日は平日でしたが、気が付けば平日練習が可能なメンバーばかり、幸いにもコンサートホールが取れたので、そこで練習をしました。

久し振りのホールです。歌っていて、気持ちの良いホールです。練習はじめは各自体調や喉の具合など、心配なこともありましたが、歌っているとだんだんと声も伸び、良い響きが出るようになりました。筆者は久しぶりに録音して聞いてみたのですが、大丈夫、5人でもいける、そう思いました。ちゃんと全曲歌い、少し早めに終わりました。布田先生からはどら焼き、舟生先生からはクッキーとお水の差し入れがあり、ロビーで皆でおいしく頂きました。

練習はあと3回です。プログラム作成もやっと取り組み始めました。プログラムノートのために過去のプログラムを開いたりしています。こんな曲も歌ったんだ、などと横道にそれながら、作っています。

先ずは、体調を崩さないように注意し、頑張りましょう。

 

 

 

梅雨の晴れ間

15日に東北南部も梅雨に入りました。でも、梅雨に入ったとたんに気温が上がり、夏本番のような日が続いています。降る雨はざあっと降る雷雨。こんな時にもなんだか気候変動の影響を感じます。そういえば、日本は私たちが社会の教科書で学んだ温帯ではなく、亜熱帯気候に近くなっているんだと、しばらく前から言われていたのでしたね。今年の夏はどうなるのでしょうか。

カンパネッラは今日、練習日でした。前回に引き続き布田先生のヴォイトレから。時間前から布田先生は会場にいらっしゃり、集まったメンバーから早速声のチェック。今日の音楽室は前回の会場より響かないところ、その上、前回舟生先生が感動したような響きにはちょっと届かなかったけれど、楽しい、充実したヴォイトレでした。

練習の前半は、発声指導を受けながら「ヘンルーダの花が咲いたら」をガッチリ練習しました。ストーリーのある歌で、後半は特に面白い中身の曲、どうも私たちメンバーは真面目過ぎるようで、もっと楽しく生き生きと歌いなさいとの両先生からの指導。頑張りましょう!後半は残りの曲を全部歌いました。でも、終了まじかに、普段はうまくはまっていた曲が微妙に合わない、というトラブルが発生、頑張りすぎたのかもしれませんが皆高齢者、課題の一つは体力向上、という事かもしれません。

2年半ぶりのコンサートまで後1ヶ月です。悔いのないように、良い練習を重ねたいものです。

ボイトレ

久し振りのボイトレでした。2019年11月の第11回コンサート以来なので、2年半ぶりです。長いコロナ禍で練習もままならず、ちょっと歌えそうになってもまた自粛で歌えない。声は出さないと衰えるということは、歌う人誰もが実感した日々でした。やっと少しずつ歌えるようになり、思い切ってコンサートをすることに決め、今日、本当に久しぶりに布田先生のボイトレでした。

私たちの声を聴くなり、何がおかしいかすぐに判断して、それぞれに的確な指導をしていただきました。肩や喉に力が入ってない時の声のなんと楽なことか。そして皆の声が溶け合った時の響き、声を出しながら嬉しくなりました。聴いていた指揮の舟生先生も感激し、この発声練習をそのままステージに持っていきたい、などど可笑しなことを言っておりました。長い休眠期間で衰えた体と声、そのうえ皆高齢者、維持するためには若者の倍以上の努力が必要でしょう。でも、今日は少し希望が持てた日でした。

後半はコンサートで演奏する曲を全曲歌いました。ボイトレの成果が全部出たわけではありませんが、少し歌い方が変わり、楽になったように思いました。あと1ヶ月半、良い練習を重ねていきたいと思いました。

薔薇の季節

薔薇の美しい季節になりました。筆者の大学の先輩のお宅でもたくさんの薔薇が庭に咲き誇り、毎年この時期に数日間庭をオープンし、人々がお茶を頂きながら、花を観賞します。筆者は昨日大雨の中、伺ってきました。残念ながら窓越しでの薔薇の観賞でしたが、お茶を頂きながらの共通の話題など、コロナ禍を忘れたひと時でした。

今日は一転して良い天気、そしてカンパネッラの練習日でした。ところで、このページは、練習日ごとに更新することを基本にしていますが、前回の練習時には忙しさを言い訳に、更新が出来ませんでした。前回の練習は5月15日でした。その日はコンサートの案内状が完成し、皆で持ち帰り、聴いていただけそうな方に郵送、配布をすることにしました。今年はチラシの作成も無しにし、入場料も無料です。それでも、演奏は精一杯頑張って良いものにしたいと思います。

さて、今日は全員集合で練習が出来ました。何しろ今回のコンサートは5人で歌うのです。1人でも欠けると練習の質がぐっと落ちます。5人集まってやっと本来の練習になります。コンサートまで、各自体調を整え、スケジュール管理をして皆で練習が出来るようにしましょう。今日の練習はまず「大越桂の詩によるうた」から。指揮者の舟生先生から言われているように、言葉を大事に、そして分かるように歌うことがまず大事です。各自で何度も「詩」を読んで心に落とし込んでいきましょう。「東欧の合唱小品集」は“黄色い蝶々” が今日は不作でした。  “ヘンルーダの花が咲いたら” はもう少し練習が必要です。

コンサートまで2カ月弱、ステージ練習を含め、あと7回練習ができます。頑張りましょう。それと、コロナがもっと減っていることを切に願っています。

 

 

 

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークも明日で終わりです。今年は3年ぶりに規制の無い休みということで、テレビのニュースを見るたびに、あぁこんなに人って動いているんだ、と少し驚いています。このゴールデンウィーク中にカンパネッラは2回練習をしました。2日目は一昨日5日、子どもの日でした。天気も良く暖かく、きっと子供たちが喜びそうな動物園や水族館、キャンプ場などさぞかし賑やかだったのだろうなぁと思っています。

さて、カンパネッラはその日は演奏会で予定している曲を一応全部歌いました。安心できる曲、もう少しの曲、まだ時間がかかりそうな曲とそれぞれですが、あと2ヶ月、今出来る事をしっかりとして、演奏会ではもっとレベルを上げた良い演奏をしたいと思っています。

今回の7月の演奏会はコロナ禍ということで、残念ながら全員参加とはいかないため、大々的な宣伝はしないことにしました。チラシは作らず、身内や友人、知人に案内状を送り告知することにしました。そして案内状を皆で確認し、次回の練習日までに印刷完了し、今月中に発送や手渡しができるようにしようと話し合いました。演奏会ではぜひマスクを外して歌いたいと思います。必要な場合はコロナの抗原検査も実施したいと考えています。いつものような演奏会ではなくても、私たちは元気に歌っていますと皆様にお知らせし、少しでも前に進めるようなそんな演奏会にしたいです。

 

ゴールデンウィーク前半

コロナ禍のゴールデンウィークも3回目、でも今年は規制のないゴールデンウィークになりました。仙台駅でも大きな旅行カバンを持った人たちでいつも以上に混んでいます。規制が無いとはいえ、感染者数は高止まり、ゴールデンウィーク明けが少々心配ではあります。筆者が旅に出るのは、もう少し先の様に思います。ただ、筆者の友人で怖いもの知らずのお金持ちは、今月中旬には友人とハワイ旅行行くとのこと、その行動力には羨ましい気がしないでもありません。

さて、昨日はカンパネッラは練習日でした。前回の反省を踏まえ、自分以外の声をよく聞くようにして練習に臨みました。前半は「木下牧子合唱曲集」から3曲、集中して練習をしました。この3曲はかなり歌っているのでよく歌えてはいるけれど、逆に慣れすぎて新鮮さが無くならないように、新しい何かを発見しながら歌っていきたいと思います。後半は「大越桂の詩によるうた」4曲と「東欧の合唱小品集」を5曲練習しました。5人揃って練習が出来、やはり全員(今回のコンサートで)揃うと安心して歌えるます。練習も進みます。早くコロナが収まり、休んでいるメンバーが復帰して本当の全員で歌いたいです。そのためにも、今きちんと繋いでおかないといけません。やれることしっかりとやっておきましょう。

今日から5月、先日は山沿いで雪が降るというゴールデンウィーク前半でしたが、後半は暖かくなるようです。心もきっと少しは解放されることでしょう。

 

 

4月

4月も残り少なくなりました。リタイアしてからは4月の行事やその慌ただしさを感じることは無くなったけれど、先日、姪の長男が小学校に入学し、久しぶりに4月を感じる機会になりました。新しい場所、新しい仲間、新しい時間が流れ始めるのが4月だった、と何故か懐かしくなりました。お正月とはまた違った始まり、活動的で緊張と希望が同居した始まりでした。もうほとんど忘れた感情ですが、どこかに少し留めておこう、とふと思った昨日今日でした。

さて、カンパネッラは一昨日24日は練習日でした。今集まれるメンバーが全員集まり、7月のコンサートに向けて練習をしました。前半は「おさな子のための祈り」を集中して、後半はそれ以外の曲を全部歌いました。

今回、筆者は久しぶりに練習を録音しました。メンバーは少ないけれど、皆頑張っているし、きっとそれなりに良い演奏が出来ているのではないかしらと思って聴きました。でも、残念ながらアンサンブルには程遠く、筆者は反省ばかり。でも、この時期に知ることが出来たことはとても良かったと思いました。今後の練習に生かすことが出来ます。客観的に聞く耳を持たないと、コンサートで心に残る音楽はできないと、いい勉強になりました。

仙台は欅や銀杏の若葉がふわふわと綺麗です。日々緑の色が変わり、輝きを増していっています。たくさんの花も咲いて、街を、庭を彩っています。さぁ、私たちも頑張りましょう。

 

4月とは思えないような好天が続いている仙台です。8日には桜が開花、そしてなんと昨日11日には満開。あっという間の街の変化に驚いています。でも、日本人、なぜか桜を見ると心が嬉しくなり、どこかほっとします。

一昨日、10日(日)はカンパネッラの練習日でした。緑がよく見える会場で、気落ち良く練習が出来ました。メンバーもなかなか参加が難しかったアルトのAさんが出席。低音に厚みが増して更に安定し、嬉しかったです。医療従事者のソプラノのYちゃんは、子どもが対象の職場のため、外部活動の規制が続き、残念ながらしばらくは参加が無理のようで、7月に予定しているコンサートへの参加も厳しいようです。大きな力が抜けるのは残念ですが、補うための工夫を凝らし、コンサートは開催したいということになりました。それでも、例年の様なコンサートは難しいと思いますが、今、私たちが出来ることを精一杯行って、頑張りたいと思っています。

さて、10日の練習では、まず「おさな子のための祈り」からkyrieと Agnus Dei を練習。「大越桂の詩によるうた」からは、まず“桜の便箋”。今の季節にぴったりの曲。図らずも外から子どもたちの遊んでいる声、ほのぼのとしたひと時でもありました。“大江戸牡丹” はしっとりと歌いたいですね。“病院”と“日々のくらし” は、コロナ禍で感じた様々な事を、もっと自分の感情にして歌えたらと思っています。「東欧の合唱小品集」の“黄色い蝶々”は、戦争に行った恋人の死を悼む女性の歌のように思います。ウクライナの事を思わないわけにはいきません。“ヘンルーダの花が咲いたら”は、やっとアルトの下の音が入り、曲の形が明瞭になりました。小さな村の平和な情景、楽しく明るく歌いたいです。今回、東欧の曲はハンガリーとブルガリア、スロベニア辺りの曲を歌いますが、明るい曲でもなぜか哀愁を帯びています。これは、その土地の歴史を伝える音なんだろうなぁと、感じています。練習の最後に、木下牧子の“鷗”を歌いました。「ついに自由は彼らのものだ」ウクライナの、そして世界の平和を祈ります。

平和だから、歌えるのです。でも、平和は黙っていてはすぐ壊れます。学ぶことの多い昨今です。