8月9日

今日は8月9日、長崎に原爆投下された日です。39年前、私は長崎におり、式典を後ろの方から眺め、祈ったのを思い出しました。なぜ長崎かというと、当時読んでいた遠藤周作の本に触発されて、長崎を見たいと思っていたからでした。ただ、その2~3週間前、長崎は集中豪雨で水害に見舞われ、眼鏡橋も破壊されてしまっていました。商店街のお店の壁には、ここまで水が来た、という線も見えました。

今日の仙台も午後からかなり激しい雨。台風の影響かと思うけれど、昨日も、一昨日も昼頃にスコールと思うような雨がありました。そんな中、今日は宮城県の合唱祭が行われました。カンパネッラは加入していませんが、他の団体で筆者もマスク着用で歌ってきました。感染者が急増している状況で本当に行うのかと思いましたが、主催者がかなり導線を工夫したのか、出演時間がちょうど良い時間だったのか、心配していた密状態はあまり感じませんでした。やっぱり皆歌いたいんだなあ、と思った日でした。

さて、カンパネッラは昨日が練習日でした。前回5人で歌えたので、少し期待していたのですが、残念ながら指揮者とメンバー3人での練習でした。3声で歌える曲ということで、「おさな子のための祈り」を集中的に。それから「東欧の合唱小品集」から“小さな雲”と“レカノシュ”。「木下牧子の合唱曲集」からは“夢みたものは”と“にじいろの魚”を暗譜の練習をしながら何度か歌いました。その後は小さな頃のそれぞれの夏の思い出話に。そしてう~んと早く練習終了。次回は4声の曲が練習できるでしょうか?

ワクチン接種も皆済み、安心して練習が出来るかなと思っていたけれど、デルタ株と感染者の急増で相変わらず心配やら不安が消えません。早く解放されたい、早くみんなとビールが飲みたい、と思う日々です。

 

 

8月

8月になりました。日本人にとって、8月は特別な月。原爆投下があり、終戦記念日があり、お盆がある。夏休みもあり、海があり山があり旅行もあった。そんな行事の一つ一つがまた今年、コロナのまん延でかないそうにありません。そして今は、テレビをつければどのチャンネルもオリンピック。たまには見るけれど、なんだか押し付けられているようで、あまり良いものではないです。つまらない8月の入りです。などど愚痴っても仕方がない!今出来ることを、そして今だからこそ出来ることをみつけ、頑張るしかないですね。

さて、カンパネッラも少しずつ以前の練習に近づけるように頑張っています。今日は嬉しいことがありました。うーんと久しぶりにアルトのAさんが練習に帰ってきました。1年半ぶりでしょうか。お元気そうだったので安心しました。しばらく歌ってなかったようで、練習後はさすがに疲れたようでしたが、発声やハーモニー感など、これから皆でリハビリしましょう。

さて、今日の練習は指揮者の舟生先生が所用で不在のため、ソプラノの★さんのリードで練習をしました。「大越桂の詩によるうた」からは “ラムズイヤー” “桜のむこう” “桜の便箋” の3曲をじっくりと、ハーモニーの確認をしながら少し丁寧に練習。「東欧の合唱小品集」からは、前回ちゃんと歌えなかった “ヘンルーダの花が咲いたら” の音の確認をしながら何とか最後まで。”風が歌う” “黄色い蝶々” “レカノシュ”を通しで。「木下牧子合唱曲集」からは、“うたをうたうとき” ”おんがく”を思い出し歌いしました。

今日は早く止めようね、なんて言いながら結局終了10分前まで、しっかりと歌いました。音の確認が中心の練習だったけれど、声を出して歌うことは、やっぱり気持ちの良いものです。声を出すことに慣れてきたら、今度はなるべく声を聴きあって溶かすこと、ハーモノー感をはやく取り戻すことが大事かな、と思いました。

宮城の感染者もまた増えてきています。これ以上増えて、また練習場所が使えなくなったら、いやだなと心配しています。そうならないことを祈っています。

 

7月

 気が付けば、もう7月も後半になりました。今年も半分以上が過ぎてしまいました。なんだか月日だけが勝手に進んでいって、取り残されたような感覚になることがずっと続いていました。それでも、そんなことではいけない、と最近は自分に喝を入れることが増えました。少しは前に進み始めたのかもしれません。

昨日はカンパネッラの練習日でした。この1年半、時々少しのメンバーで集まり忘れないようにと声を出してはいても、リハビリと言って歌っても、先が見えない中ではどうしても満たされないものがありました。それが、昨日は1年半ぶりに、歌う喜びを感じることができました。残念ながら全員集まる、ということはできませんでしたが、これからはちゃんと前に進めそうな気がしました。メンバー全員がワクチン接種完了ということがやはり大きいですね。

軽い発声練習の後、まず「おさな子のための祈り」を全曲。練習会場がよく響く場所だったこともあり、気持ち良く歌えました。「大越桂の詩によるうた」からは、桜のむこう、ラムズイヤー、大江戸牡丹、日々のくらしの4曲を。詩をもっと読み込めば、表現が変わるかもしれません。詩をじっくり読みましょう。「木下牧子合唱曲集」からは、夢みたものは、うたをうたうとき、おんがくの3曲を思い出し歌い。「東欧の合唱小品集」からは、小さな雲、ヘンルーダの花が咲いたら、レカノシュの3曲をこれも思い出し歌い。ヘンルーダの花が咲いたらはボロボロで、むりやり最後まで歌ったものの、時間をかけて練習をしないとダメだと、反省しました。それでも、てんこ盛りの曲を一応1回は確認でき、各自の弱いところが分かったので、今後の練習に生かせる日になりました。

うまくいけば、来年コンサートをすることも確認しました。出来るといいな、可能ならマスクなしで。出来るかな? 出来ると信じよう!

 

 

 

6月です。

前回の更新から3カ月以上が経ちました。この間、宮城県はコロナ感染者が急増し、県独自の緊急事態宣言が発令されたり、まん延防止重点措置が適用されたりで、私たちの活動も自粛要請があり、練習がかないませんでした。6月になり、やっと施設の使用も可能になり、昨日は久しぶりに声を出しました。

ここにきてワクチン接種も始まりました。医療従事者と高齢者の集まり、昨日までに8人中5人までが第1回接種を完了し、残りの3人も今週、来週には接種予定です。全員の接種が終れば、きっと本格的な練習ができることでしょう。そうであることを、楽しみに待ちたいと思います。

昨日は4人集まりました。各パート揃っているということで、3声部の曲を歌いました。ミサの kyrie からAgnus Dei まで、木下牧子の「夢見たものは・・」「うたをうたうとき」、ブルガリアの曲から「小さな雲」「黄色いちょうちょ」「春の朝」などを思い出し歌いしました。3カ月も歌わないと声が続きません。3時間歌っても平気だった声が、1時間位でカサカサになりました。人間の体は、使わないと確かに退化するようです。自主トレ、楽譜を見るだけでなく、声を出しててください。ブレスの練習と、腹筋を鍛えるのは一人でも出来るはずです。頑張りましょう。

コロナ、このまま収束に向かえばうれしいけれど、ワクチン接種が遅かった日本、解除すると必ずどこかでリバウンド、まだまだ不安の種は尽きません。早く解放されたいです。この夏は、去年よりも良い夏になるのでしょうか。祈るような気持ちの毎日です。

 

3月

3月になりました。3月で思い出すのは、いつも震災。もう今年で10年になります。最近はテレビなどでは震災関連の特集を組んでるものや、震災関連ドラマがたくさん放送されています。よく10年目の区切りとか言われますが、区切りなんてあるはずない、と筆者は思います。行ったり来たりしながら、立ち止まったり、後ろを振り返ったりしながら、人って進んでいくのが普通の生き方じゃないでしょうか。そして、これからもたくさんの人が、震災や原発の重荷を背負いながら生きていくのだろうと思います。

さて、今年の3月もまだ、コロナ禍。こちらはもう1年経ったのですね。去年の今頃は、来年こそお花見がしたい、と思っていたけれど、残念ながら実現しそうにはありません。ただ、正体不明で不安だった去年に比べ、いろいろな情報を得て、どう生活したら良いのかがわかり、少し心は落ち着いてきたのかな、と思っています。ワクチンの供給量は心配ですが、高齢者、早く打っていただきたいと願っています。

前書きが長くなりましたが、昨日はカンパネッラの練習日でした。月に1回、リハビリを兼ねての練習。昨日は4名で練習をしました。指揮の舟生先生はご法事のために欠席。ソプラノの☆さんにリードして頂き、換気のための休憩を挟みながら2時間半、歌いました。

まず「大江戸牡丹」を久しぶりに。打ち上げ花火のような名前ですが「大江戸牡丹」は昔からある線香花火です。今年の夏は、線香花火をしながら焼肉パーティーできないかなぁ、なんて思っています。次に歌ったのは「桜のむこう」。あと1カ月もすれば仙台も桜の季節です。桜はやっぱり楽しみです。この2曲を丁寧に練習し、その後は「日々のくらし」「ラムズイヤー」「病院」を軽く流し、木下牧子の曲も歌いたいということで「夢みたものは・・」と「にじ色の魚」を久しぶりに歌い、練習を終了しました。

普段歌わなくなってもう1年、声や支えが悪くなっていることを実感しています。練習の最初はなかなか声が出ない、1時間くらい歌うとやっと声が出てくるけれど、今度はだんだん擦れてきて続かない。喉を使わない生活が続いていることもあるかもしれません。一人暮らしの筆者は、独り言と音読をもっと増やそうと思います⁉

うまくいけば、来月から月2回の練習です。練習、出来るといいなぁ。

久々の更新になりました。

昨年10月以来、久々の更新です。この間、カンパネッラは練習をお休みしておりました。コロナのせいです。まだ、コロナは収束していませんが、昨日は久しぶりに集まって歌いました。でも、そこに至る前には、やる、やらないを何度も繰り返し、一つのことを決めることの難しさを実感しました。

まず、この年末年始、友人の知人が感染していることが分かったり、別の知人の子供の学校で陽性者が出たり、筆者が乗ったバズの中でマスクをしていない人がいて、大きなクシャミをして怖い思いをしたりと、嫌なことが続きました。首都圏ではまだ緊急事態宣言が解除されていないし・・、でも最近の仙台は感染者がかなり減ってきており、そのことは少し安心材料になりました。

でも、そんな時に地震です。13日の夜11時過ぎ、怖かったですね。10年前の震災を思い出しました。その時の余震だなんて、いったいいつまで続くのでしょう。津波はなく、死者が出なかったのは幸いでした。我が家は14階建てマンションの9階、かなり揺れました。ここで折れるのではないかとも思いました。10年前の震災後、家具には転倒防止のシートを敷いたりしていました。それでも棚の上の物が落ちたり、写真スタンドが倒れたりしました。こんな時に、練習はできるのかとも思いましたが、幸い、集まれそうなメンバーに大きな被害はなく、顔を見て心の平安を得たいという皆の思いもあり、集まることにしました。

集まったのは指揮者を入れて5人。4声部OKです。今回は指揮の舟生先生は少々お疲れ気味で、☆さんにリードしていただきました。曲は「ラムズイヤー」「桜の便箋」「日々のくらし」の3曲。最初こそなかなかうまく声が出なかったのですが、だんだん気持ちよく、歌えることは幸せなことだとつくづく実感しました。早くメンバー全員で歌いたいです。

光はもう春です。コロナのワクチン接種もそろそろ始まりそうです。カンパネッラは医療従事者と高齢者だけ、ちょっとだけ早く接種できそうです。季節も確実に春に向かっています。希望をもって進んでいきたいと思います。

でも、引き続き感染予防に努め、しばらくは地震にも気を付けて過ごしましょう。

 

 

秋晴れ

10月もあと僅か。今日はきれいな秋晴れの仙台でした。久々に友人たちと美術館に行き、芸術の秋を堪能。マスクやソーシャルデスタンスが無ければ、いつのも秋だけれど、そうはいかない今年の秋です。それにしても、なぜか月日が過ぎるのばかりが早く感じられます。そして、今年は今まで何をしてきたのかと自分に問えば、答えはさっぱり出てきません。久しぶりにじっくり本を読んで、自分の為にせっせと料理を作って、そして時々昔の趣味の手芸をして・・・それも悪くはないかもしれないけど、もっと自分らしい、もっと外に向かった元の生活が欲しい・・。最近は街は人であふれてきているし、控えていた活動を再開する声も多く聞かれます。でも、もう一歩心が動かないのも事実。困ったものです。

さて、カンパネッラも月に1回、練習をしています。今月は先日25日に集まりました。ほとんどリハビリ的な練習で、曲の進みは遅いけれど、やらないよりはずっと良いはずと思って、マスクやフェイスシールドをして練習をしています。

今回のメインの練習曲は大越桂さんの詩、八重柏真さん作曲の「日々のくらし」。・・日々のくらしはなんでもない事の積み重ねだ・・・ 人にも会えず、合唱も出来ない時、一人で部屋で小さな声でこの曲を歌って、ぼろぼろと泣いてしまった曲です。前回歌った「病院」も「ラムズイヤー」も、このコロナ禍で、詩の持つ意味が深く感じることが出来るようになったと感じています。コンサートがいつになるかはまだ分かりませんが、言葉の持つ意味を一人ひとりが深く深く表現できたら、こんなコロナ禍の中でも成長できたと言えるのではないかと、思っています。

引き続き、どうか皆さま、ご自愛くださいませ。

 

 

秋の気配

9月も半ばを過ぎ、仙台はやっと秋らしい空気が入ってきました。昨日、仙台駅を通ったらいつもより多くの人、旅行カバンんを抱えた若者も多く、この密はなんだ、と一瞬怯るんでしまいました。4連休なんですね。GO TO キャンペーンも盛んに報道されているし・・でも、宮城はまた感染者が増えてきているし。。。とは言え、このコロナ禍でも旅行する元気と勇気が、少し羨ましい気もしました。

さて、カンパネッラは昨日は月に一度の練習日でした。前回の練習時にフェイスシールドを購入したいということだったので、昨日はそれを準備していきました。ホントにクリアシートだね、などど言いながら、2種類のフェイスシールドをそれぞれセット。自由に使っての練習でした。マスクだと口が上手く動かない時があるけど、フェイスシールドは口は動くけれど声が内部で反響し、ちゃんと音として外に響いているのか分からず、ちょっと不安でした。歌えるマスクなどもパナムジカなどで販売しているようですが、きっと皆さん苦労しているだろうな、と思います。

練習は八重柏さんの曲。昨日のメインは「ラムズイヤー」4声部を5人で練習です。音取りの状況もバラバラで、なかなかアンサンブルは出来ずに練習の半分以上使ってパートの音の確認。それから前回練習した「病院」を軽く歌いました。練習は月に一度、それも2時間ぽっきり。せっかく集まるのですから、顔合わせだけでなく、練習しましょう。そして、休んでいる仲間たちがいつ帰ってきても大丈夫なように、ちゃんと音楽を創りましょう!そのためには各自、ちゃんと音取りしていきましょうね。次回は「日々のくらし」を練習するそうです。アンサンブルがしたいな。自主トレ、頑張りましょう!

コロナが無かったら今頃は11月のコンサートに向かって強化練習をして熱くなっている頃のはず、と考えると、ちょっと寂しい思いもします。でも、考えてもしょうがない。今出来る事を一つずつ進めていこうと思います。もうすでに秋です。

 

 

八月尽

気が付けば8月も今日で終わり、今年も2/3が過ぎました。早かったのか遅かったのか、暑い寒いの気候は気にはなっているけれど、コロナの為に季節の思い出がちっとも無く、寂しい日々が続いています。

カンパネッラの練習や行事も中止や延期が続いていますが、6月から月1回の練習を再開しました。でも、メンバーが少ないグループではありますが、看護師の仲間や遠隔地の仲間もおり、当分は通常の練習というより、歌を忘れないでいる為のリハビリと考えています。7月の練習は参加は3人でした。50人以上の会場を3人で広く使いましたが、顔合わせがメインの様で、歌ったのは木下牧子の曲を3曲をホントに軽くだけでした。

8月の練習は昨日でした。また軽く歌って終わりかな、と思いましたが、昨日は違いました。歌いました。久しぶりに何カ月ぶりかでちゃんと声を出しました。メンバーも5人集まり、4声部の曲も各パート揃っています。先ず、ソプラノの★さんの指導で軽く体操をして、発声。マスクをしての声出しなので、思うようにいかないけれど、久しぶりの声出しに以前の感覚が少しよみがえってきた気がしました。練習はミサ「おさな子のための祈り」からKyrie。軽く流すだけかな、と思っていたら指揮者の要求はいつも通り。確かにせっかく都合をつけて集まったメンバー、短くても充実し時間にしないと、と筆者も心を入れ替え、歌いました。昨日はもう1曲八重柏さんの曲から「病院」。今コロナで大変な医療従事者の方々や病院の情景とダブります。練習は各パートの音取りの問題があったのか、なかなかはかどりませんでしたが、心を込めて歌いたい曲になりました。

練習時間は正味1時間ちょっと位だったと思いますが、筆者は今朝起きたら背筋が痛くなっていました。深く息を吸うときは背筋も使います。歌う機会が無くなり、背筋を使うことも無かったので、久しぶりの使用で痛くなったのだと思います。筋力が弱くなっていた、とも言えますが、少し心地の良い痛みでした。

感染対策をとり、月に1回2時間でどこまで出来るか、それも感染状況によってはこれからもどうなるか分かりません。でも、集まれた時はぎゅうっと充実した時間にしたいと思います。歌を歌えるということは、幸せなことです。

ミーティング実施

気が付けば、もう7月ですね。今年も半年過ぎました。この半年間、いったい何をしてきたんだろうと思います。1月はまだ希望があったな。2月は新型コロナウィルスも直ぐに収まるものだと思っていた。でも、3月に仙台でも感染者がでると、一気に不安になった。筆者は2月下旬から膀胱炎やアレルギーにも悩まされた。それまでは忙しく充実した毎日を過ごしていたのに、その後の手帳の予定はことごとく✖印。電車やバスに乗るのも怖くなった。緊急事態宣言が出て、人にも会えなくなった。ほとんど誰とも話さない日が続いた。にわか鬱とパニックで、こんな自分ではないはず、と思っても、どうしようもなかった。。。

きっと、大なり小なり沢山の人たちがこの半年、同じような不安を抱えていたのだろうと、思います。そしてそれはまだ続く・・・そしてこれからは「新しい生活様式」が当分続くのでしょう。。。

さて、先月の27日(土)、カンパネッラは久しぶりに集合しました。もちろん、集まれる人だけで。100人収容できる会議室に5人、距離を取って座り、マスクをして、今後の事を少し話しあいました。11月に予定していたコンサートは来年に延期。日時は未定。状況次第なので、会場の確保は出来るだけいつでも取れるところは取りたいと思う。そして、今年11月開催予定の医家芸術祭は不参加としました。

今後の練習はどうするかも話しました。緊急事態宣言が解除され、仙台市の施設も6月からは感染対策を行ったうえで、使うことが出来るようになりました。暫く歌っていないので声が出ないとか、いろいろありますが、歌いたい気持ちは皆同じ。カンパネッラは合唱団といっても人数が少なく、全員集まっても8名。当分は全員参加は無理なので、集まっても5~6人でしょう。感染対策をとり広い部屋で、リハビリを兼ねて、月1回位なら歌っても良いのでは、となりました。ただ、今後の状況は注視しながら。

ミーティングの最後に、木下牧子の3曲(夢みたものは、にじいろの魚、鴎)を1回ずつ歌いましたが、全くハモらないという、残念な結果になりました。皆さん、ステイホーム中でも、小さな声でも良いので、取りあえず声出しておきましょうね!